« ドラ麻雀に出金じゃよ。6 | トップページ | ドラ麻雀のトーナメント参加方法だにゃん »

2014年4月 5日 (土)

ドラ麻雀のネッテラーは?Ⅵ

こんなレートでしかも組まれている可能性が高い状態で

②きたら、⑤切りでホンイツ一通イーペーコー
ミスか。



1を選んで振りましたwwwww

結果、、1位・1位・2位・1位・1位・2位・1位
さっさと自摸れwww
そこで和了り切ってしまった沖本瞬。

これは・・・ぶっちゃけ切り間違いです汗
最近は少なくなりましたが、まれにあります。

負ければ40万円の支払い・勝っても10万円しか得られないという

友達とやるか?それともそういう場所もあるという話もあるということを聞いたことがあるだけで、


で、こうなる。
う~ん。


聴牌効率だけを考えるとこれだけど・・・う~~~ん。



出しますよね??
(35)(46)(57)ならばダマです。

う~~ん、まあとりあえず⑧筒か①筒か?



天牌は良いですね。


と言いたいくらい見つけづらかったです・・・。



ただ、、入ったのが気掛かり。
とりあえず・・・⑤筒が槓子になりました。

(4-1)?2万円=6万円を沖本瞬が石動に対して払わなければいけません。


早々に手放す人もいる。



ドラをポンされる可能性はありますが、それ以上に
祝儀の差が大きいと思われます。






の場合、


まあ、子だしね。

この技をするためにはかなりの練習が必要です。



じゃあ、常套手段かな?と思う訳です。


・。

つまり、この入金段階で躓きました。

2翻しかありませんしね(;´∀`)

フィーリング的には6sかな??
中を鳴くことを前提とするならば⑦ピン?

僕が西を落とすのは意味が違います。


しかし、確率が低いほうが勝ったり、
確率が低いほうをひくのが絶対に許せない!!

東場西家(東と西が風牌)
谷口隆から忠告されたことを思い出します。

例えばこういうのは意味があるかな??

このオレンジの丸部分の上に「保留金」と書いてありますよね?

たまには勝たせてくれよ。


皆さんもお気を付けください(_´Д`)
多少の危険牌でも突っ走ってしまう人が多いです。

とか言ってる奴で台詞吐いてる奴なんざ今までみたことねーよ。


だって残ってるから、、振っても問題無いかな?
⑦筒切りの⑥⑨筒待ちか??

2、入金者には最大100ドルまでのボーナスプレゼント!
それじゃ面子ができるかどうかがツキじゃないとしたら、

こういうのとかね。


こういうの嫌い。


2、2s切り
純正九蓮宝燈はまだ和了ったことありませんが、

また、都道府県は日本語でも大丈夫でした。


5索対子落としの場合は聴牌に5種類14枚。



和了れたとしたら・・・



その後の打ち上げ?で黒沢義明・谷口隆に
麻雀の奥深さを知った沖本瞬。

1巻から順番に名言を紹介していくので楽しんでいってください。


こういうのを直していかないとなあ(ノ△・。)

そして、客であろう沖本瞬に対して

高めならダブ東・ドラ9の三倍満wwww
何となく!!!

DORA麻雀と言えば
その四暗刻単騎は聴牌する訳ですね。

無料で参加できる「月間オンリートーナメント」は開催されてなかったんですよね。


沖本瞬は色々な点で指導してもらえることになります。


で、今回は逆にダマのやつ。


よかった~~~ヾ( ̄▽)ゞオホホホホホ
けど・・・流石にリーチはないですよね。
悲しい~(≧◇≦)/゙゙゙゙ヾ
しか~~し!!
その中で親で、迷った牌姿を紹介します。


いや、しねえな。

で、こんな遠い手ww

清一色・ドラ4のダマ倍満聴牌。


今回のルール「門前でも鳴いていても発生するルール」
このサイトを初めて見た人は感想を抱くと思います。
と思いきや一応マスターが喧嘩を止めます。


こすく引っ掛けリーチをしましたがww
だから、言えない訳です。



暗刻落としをする場合ってありますよね。



・・・このブログを読んでる時点で君は雀士です。


とりあえず、時間もなく

自摸れば三暗刻、対々和となる。




麻雀列伝




おすすめ記事




« ドラ麻雀に出金じゃよ。6 | トップページ | ドラ麻雀のトーナメント参加方法だにゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1863398/55644003

この記事へのトラックバック一覧です: ドラ麻雀のネッテラーは?Ⅵ:

« ドラ麻雀に出金じゃよ。6 | トップページ | ドラ麻雀のトーナメント参加方法だにゃん »

無料ブログはココログ